生きている実感を増やすために

久しぶりです。いつの間にか結構間が開いてしまいましたが、この3年半近くONDで事業をやっているうちに、少しずつ形ができてきました。同時に3つくらい事業をやっていて、それぞれが結構ばらばらのことをやっているようにも見える。でも自分の中では、テーマがあると思っている。今日はそのことを書こうと思います。

ONDの事業

もともと「物件ファン」という不動産メディアをはてなから引き継ぐところからOND社は始まりました。その後トレイルランナー(要するに山を走る人です)向けのサービス「IBUKI」を始め、さらに京都市内で「UNKNOWN KYOTO」という宿とコワーキングとレストランの複合施設の運営をしています。

不動産メディアとトレランと施設運営。確かに脈絡もなく、ただ思いついたことをやっているような印象を受けますが、自分の中ではなにかしら、「これからはこっちの方向が面白いだろう」という気持ちがあるわけです。

そうでなければ、「未来がより面白くなる」という希望も持てないし、毎日毎日熱心に仕事を続けることもできません。僕は、どうせ仕事をするなら、今よりも未来が面白くなることに取り組みたいと考えています。そういう目算が無ければ仕事に打ち込むことができません。

それじゃあ、「こっちの方向」てなんだ。どっちの方向だよ、ということを、あまり言語化して来なかったのですが、それを今言葉にするなら、「生きている実感を増やしたい」ということだと思います。

生きている実感?

生きている実感、ってなんでしょう。生きているな、って、どういう時に感じますか?

別に、どんな時も、死んでいなければ生きているわけですが、それでもやっぱり、「ああ、生きているな」って感じる時ってありますよね。

たとえば、自分のこれまでの人生を振り返った時に、「一番うれしかった時はいつですか?」とか、「一番大変だった時ってどんな時でした?」とか。そういう質問、よくあります。そういう質問がよく出るのは、それが人生のハイライト、人生を象徴するような時間だからだと思います。

人生全部だとちょっと長すぎて、考えるのが難しかったら、「去年一番楽しかったことってなんですか?」とか、「今週一番うれしかったことって何ですか?」でも良いです。

実際どうですか?なにか思いつきますか?

僕はどうでしょう。この1週間だったら、友だちと山にハイキングに行って、その後温泉に入って、お酒を飲みながら話したのが楽しかったです。仕事で外部の方に新しい取り組みについての提案をしたら、前向きに検討してもらえることになったのもうれしかったです。

「ああ、生きているな」と感じるのって、こういう時間じゃないでしょうか。

人と接しておしゃべりするとか、ちょっとしんどいけど山に登ってみるとか、新しい企画を考えてドキドキしながら提案するとか。

そういう時間に共通するものってなんでしょうか。共通点を見つけるのがちょっと難しかったら、逆に「少なくともこういう時間ではない」ということは、割と簡単に思い当たります。

それは、少なくとも自分が「つまらない」と思っているような時間ではないはずです。「つまらない」って何かというと、僕の場合だったら、いつもと変わらないような面白くないことを惰性で続けている時とか、中身のない話をだらだらと聞かされている時とか、何の目的もなくだらだら過ごしている時だとか、そういう時間です。

じゃあ「生きている実感を感じる」時間というのはどういう時かといえば、「つまらなくない」ってことで、「つまらなくない」というのは、例えば楽しい人と一緒に時間を過ごしたり、難しいことに挑戦していたり、何かを達成したり、逆にうまく行かなくて落ち込んでいたり、と、そういう時間です。

ひとことで言ったら、「ひっかかり」がある時間だと思うんです。のぺーっとして、平坦な、何のひっかかりも無いような時間ではなく、なにか「ひっかかり」がある時間。

簡単にはうまく通り過ぎられないような難しさだとか、ついつい目を向けてしまうような美しさだとか、平常心では居られないほど楽しいだとか。良いことだけじゃなくて、涙が出るほど悲しかったり、悔しかったり、落ち込んだり、そういうマイナスのことも「ひっかかり」だと思います。プラスのこともマイナスのことも含めて「ひっかかり」がある時間は、つまらなくない。

逆に言えば、何も考えなくてもやり過ごせるような、簡単な時間には「ひっかかり」が無い。「ひっかかり」がない時間を過ごしていると、生きている実感を感じにくいと思うんです。

目をつぶっていても進めるような道じゃなくて、注意が必要だったり、平常心では居られないような抵抗がある道を進む時に、生きている実感を感じます。

「簡単に生きられる」ような時間には、あまり生きている実感を感じられないとすれば、生きる実感を得るためには「簡単ではない時間」を増やせば良い、「ひっかかり」を増やせば良い、ということになります。

そのことについて、もう少し詳しく書きたいと思いますが、長くなってきたので、今日は一旦ここまでにします。また今度、続きを書きます。

OND、始動します。

こんにちは。このたび、株式会社OND(おんど)という新しい会社を立ち上げることになりました。

はてなを起業してから16年。立ち上げから13年間は社長として、その後3年間は会長として、はてなに関わってきました。この3年間は、社長の栗栖さんをはじめとするメンバーに、なるべく経営をお任せして、新規事業の創出に取り組んできました。この間、はてなの業績も組織も、安定して成長しています。

今のはてなの事業や組織を、これからも成長させつつ、新しいものづくりの可能性を最大化するには、別の会社で取り組むのが良いと思い、また会社を作ることにしました。はてなは、引き続き非常勤取締役として関わりつつ、ONDの事業立ち上げに注力していきます。

この数年間は、住まいの領域で、なにか新しいことができないかと取り組んできました。その中で、昨年スタートした「物件ファン」は、全国の物件に興味をお持ちの皆さんにご愛読頂けるようになり、毎月読者が増えています。ONDでは、この「物件ファン」をはてなから譲り受けて、これまで一緒にやってきたメンバーとさらに成長を目指すところから始めていきます。

不動産領域ではまだまだ僕たちは経験が浅く、不動産事業者さんやオーナーさん、そして物件を探されているユーザーの皆さんにたくさん教わりながら進んでいます。幸い、僕たちの取り組みに関心をお持ち頂ける方から温かいお言葉を頂いたり、応援していただいたりして支えられながら、ここまで進んできました。これからも、「物件が好きだ」という僕たちの胸の底にある気持ちを大切にしつつ、その思いに共鳴頂ける方々と共に成長ができたらと思っています。

また、ONDでは、不動産に関する事業以外にも、新しいサービスの創出に取り組んでいきたいと思っています。最近はインターネットもすっかり便利になり、新しいサービスが次々に生まれるような時代は一区切り付いたと言えますが、そういう時期にあえて、「新しいサービスを作る」ことにこだわっていきたいと思っています。

勝算は特にありませんが(笑)、「誰かがやらなくちゃ」という思いと、「どっちみちそれくらいしか得意なことはないので」という覚悟(というよりは諦め?笑)、そんな気持ちを持ちつつ、ぼちぼちとやっていくつもりです。

住まいの領域で新しいことがやりたい、という方や、新しいサービスを作ってみたい、という方は、ぜひお声がけください。面白いこと、やりましょう。ONDは、やる気と力のある人の「やりたい」という気持ちを、最大限活かせるような会社にしたいと思っています。

「やりたい」気持ちを形にする、孵化装置のような温かみ。温度感のあるものや、人のつながりを作っていきたい。輪になって踊るような場を作っていきたい。ONDには、そんな想いを込めています。

すっかり成長して、頼もしくなってきたはてなを見守りつつ、生まれたばかりでこれからどう成長していくかも分からないONDを育てていきます。

これからもはてなとONDを、どうぞ応援してください。
よろしくお願いします。

bukkenfan.jp
ond-inc.com

「物件ファン」はじまりました!

個性的な物件を日々紹介する「物件ファン」をリリースしました。
https://bukkenfan.jp/
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hatenapr/20160226/20160226113536.png

いきなり不動産?どうして?と思われるかもしれませんが、最近はこうした実際の生活に、自分の興味も広がっています。

これまではずっと、ブログのような、インターネット内で完結するサービスを作ってきました。そうしたサービスができたおかげで、ブログを作って自分の考えを書けば、見ず知らずの人から共感してもらえたり、新しい出会いが生まれたり、時には文章を書く仕事が来たり、といったことが現実に起こるようになりました。インターネットが無かった時代には、考えられなかったことです。

ブログ以外にも、普段あまり会えない友だちと連絡を取り合ったり、興味がある人の発言をフォローしたり、世の中の出来事を追いかけたり、と、自分の興味に応じてあらゆることがインターネット上ですぐにできるようになってきています。

一方で、実際の生活環境はどうなのか。自分のブログはとても綺麗にデザインしてあるけど、自分の部屋はごく普通の賃貸マンションだったりしないか。インターネット上では自分の好きな場所にどこでも行けるけど、自分が住んでいる場所は単に職場に通勤しやすいから、という理由だけで選んだりしていないか。

インターネット上のサービスがどんどん充実する一方で、リアルな生活の方はそれほど変化していないのではないか。ふと気付けば、実際の生活環境は、なんだか取り残されてしまったかのように昔のままになっていないか。

と、そんな気付きがありまして、「リアルな生活も、インターネットを使ってもっと楽しく豊かにできるのではないか」、ということをよく考えています。

リアルな生活が営まれる場所として、最も時間が長いのは、家です。バーチャルなインターネット上の自分の居場所は整ってきているけど、実際の自分の家の環境はどうなのよ、というところから、自分の家、部屋についてもっと考えるきっかけが作れたら、と考えました。過ごす時間の長さを考えれば、家に対する満足度が少し変わるだけで、生活の満足度は大きく変わると思います。

では、ちょっと高い家賃を払って、もっと高級な部屋に住むしか無いのか、というと、決してそういうわけではありません。最近は、自分の好みの内装に自由に改装できる賃貸住宅が生まれたり、他の住人と交流しながら暮らせるシェアハウスが増えたり、古い物件を自分でリノベーションして住む人が現れたり、といった新しい動きが、家を取り巻く環境の中で次々と起こっています。

高度経済成長期の日本であれば、「毎日がむしゃらに働いて、どんどん成長しよう。そのためには家なんて、会社に行きやすければ良いし、寝られさえすれば良い。」という価値観で生きて行けたかもしれません。しかし日本の社会は、経済成長が減速し、人口は減少し始めました。家に新しい価値を求める人が増え始めたのは、そうした変化の中、効率だけを求めるのではなく、家について真剣に考え、自分らしく暮らせる環境を手に入れたい、と考える人が増えたからではないかと思います。

自分の予算の中で、自分らしく暮らせる環境を手に入れるために、古い物件に自分で手を入れたり、他の人とリビングを共有して交流できる環境を手に入れたり、といった動きが生まれ始めたのではないか、と、そんな風に感じます。

自分らしく暮らす、と言っても、そもそもどんな可能性があるのか、を知らなくては、なかなか具体化することはできません。「物件ファン」では、これまでとは違う価値観で提供されているあらゆる物件をご紹介していきます。そうした物件を日々眺めることで、「こんな生活もありなのか」といった発見があると思います。

最初は「なんだか良いな」と思って眺めているだけでも、時間が経つうちにだんだんと、「自分は無垢材のフローリングが好きなんだな」とか、「窓から緑が見える家が好きなんだな」といった発見があると思います。単純に「住む家をさがす」というだけではなく、「自分がどういう暮らしをしたいのかを知る」、つまり、「自分を知る」ことができると思います。そうすれば、今よりもっと満足度の高い、自分らしい暮らしを手に入れるヒントになるかも知れません。

「物件ファン」をご覧頂いた方々に、一人でも多く、そうした発見が生まれ、暮らしの変化が生まれることにつながれば、と願いながら、これから運営を続けていきたいと思います。

不動産大好きな方はもちろん、ちょっと暮らしに興味がある、というだけの方でも、ぜひこれからたまにサイトを覗いてみてください。

https://bukkenfan.jp/