読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社はてなの代表取締役会長に就任いたしました

お久しぶりです。

このたび、株式会社はてなにおいて、私、近藤淳也、および経営陣の体制変更を行うはこびとなりましたので、ここでご報告させていただきます。

2001年のはてなの創業以来13年間、代表取締役社長を務めて参りました、私、近藤が、本日8月1日より代表取締役会長に就き、後任には、はてなの開発本部を率いて参りました栗栖義臣が代表取締役社長に就任いたします。

また、これまで私と二人三脚で共にはてなの経営にあたって参りました取締役副社長の毛利裕二は、ここでコンビという形から変わり、これからは取締役ビジネス開発本部長として、引き続き営業拡大・事業開発の分野にさらに尽力してもらうこととなります。

また、これに合わせ、3人の創業メンバーの1人でもあります大西康裕が執行役員サービス開発本部長に就任いたします。

たった3人しかいなかった創業期に、がむしゃらにプログラムを書いて、たくさんのサービスを開発し続けたのが2003年頃までの数年間でした。
その後、次第にサービスが成長し、社員の数が増え、次第にマネジメントの仕事の比率が増えていったのが2004年の東京移転からの数年間でした。
そこで一度、シリコンバレーに子会社を設立し、もう一度サービス開発の最前線に立って、新サービスの創出に取り組んだのが2006年から2008年にかけてのシリコンバレー時代。
2008年に日本に戻って来てからは、京都オフィスの立ち上げと、東京オフィスの強化を行って参りました。

京都・東京体制を敷いてからは、新卒社員の採用、組織作りなど、長期的な会社の成長に向けた基礎固めを行い、それまでより安定した、もう少し成熟した会社になるべく努力を重ねて参りました。

奇抜なアイデアを思いつくそばから形にして、ユーザーの皆様にお見せしていくという、アイデアと新規性を最優先に動いていた時代から、もう少し計画的に開発を行って、多くのユーザーの皆様にご満足のいただける品質の高いサービスを提供し、社員の増加を支えられるだけの売り上げを上げていくことができるような、そういう少し「大人の」会社になるべく、この6年間ほどは尽力して参りました。

ここに来てその努力も実を結び、組織をまとめ上げ、事業を着実に成長させていける力のある人員がはてなには揃って来ております。
また直近では、社内でノウハウを培ったサーバー監視ツールを、ほかの企業様にもご利用いただけるようパッケージ化したMackerel(マカレル)の提供を開始するなど、これまでにない法人様向けの新規事業の創出にも取り組んでおります。

そうした中、はてなの価値の核であると考えておりますユーザー様向けのサービスにおいては、必ずしも期待したとおりの目覚ましいサービスの成長や、新サービスの創出ができていないという自覚もございます。

このたび、これまで開発組織を卓越したマネジメント能力でまとめあげてきた栗栖に、経営執行を託しながら、会長職という立場で改めて私が新サービスの創出にも注力するという、新たな役割分担に移行することで、より魅力的なはてなを作り上げ、会社の発展を促進することができると判断をいたしました。

はてなの会長職には、非公式ながら以前より、犬のしなもんが就いて参りました。創業以来飼っておりましたコーギー犬しなもんでしたが、ユーザーの皆様からいつしか「しなもん会長」と呼んでいただくようになり、社内でも「会長!」と呼ばれておりました。そんなしなもんも、昨年6月に寿命を全うし、他界をいたしました。しなもんがいなくなってから早一年。会長の空席を埋める、というわけではありませんが、株式会社はてなの二代目会長に就任し、また新しい役割ではてなを盛り立てていく所存です。

新しく社長に就任いたします栗栖ともども、今後とも皆様のご支援を承りますよう、お願いいたします。

これからのはてなに、どうぞご期待ください。

2014年8月1日 近藤淳也

栗栖新社長からのご挨拶はこちらです。
http://chris4403.hateblo.jp/entry/2014/08/01/111243

f:id:jkondo:20140731184748j:plain