読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボトムアップ&トップダウン

f:id:jkondo:20080605075145j:image:h400:right
半年に1回の人事評価面談が終了しました。これまではだいたい1週間で面談が終了していましたが、社員の増加でついに今回は2週間まるまるかかってしまいました。具体的な仕事の内容についての面談などはどんどん各チームの責任者にお願いをしていると言っても、やはり直接話をすると「ああ、そういうことを思っているのか」という気付きも多く、自分の関わっている範囲の人には評価内容を直接手渡して、なるべく話をするようにしています。
面談と合わせて、各チームの目標や個人の目標の達成度を振り返り、次期の目標を決めていくのですが、そんな一連のプロセスを経ながら、はてなには「ボトムアップ&トップダウン」プロセスが合っている、と感じ始めています。
これまでは、「個人の目標を決めるにはまずチームの目標が必要で、チームの目標を決めるにはまず会社全体の目標が必要だ」と考え、これを実現するためにまず役員会を開いて全社目標を考え、それからチーム目標を考えて…という順番を実行していたのですがなんだかしっくりこない。全社で目標を決めても、各チームでやりたいと思っていることが違ったり、チームのなかで非常に面白いアイデアを持っていたりして、各チームの目標が決まる頃には全社目標がなんだか色褪せて見える、という状況でした。
それがたまたま今回は役員で集まって全社目標を議論する時間がなく、まず各チームの目標を議論するところから一連のプロセスが始まってしまい、当初はどうなる事かと思っていたのですがこれが案外に良いのです。チームの責任者やメンバーと話をする中で、チームとして向かいたい方向、会社に期待することなどがたくさん出て来て、ここをしっかり議論することで、会社全体としての方向性も次第に肉付けされ、そこからさらに一歩進んだ会社の目標が作っていけると感じ始めています。
それぞれのチームと議論を重ねたこの状態から、いよいよ来週は役員合宿を開いて今後の目標について議論をする予定です。そこで決定した方針を元にもう一度チーム目標、個人目標に修正を加えていく、というプロセスを実行していきたいと考えています。
こうやって書いてみると、自分でもなんだかすごく簡単なことを書いているように思えてしまって情けないですが、「ボトムアップ」をしてから「トップダウン」をする、2つのプロセスを繋げると良い、ということが自分の中では発見だったのです。なんとなく、「ボトムアップ」か「トップダウン」か、という二元論的な考え方があったのだと思います。
そういえばこのプロセスは何かに似ているな、と考えてJavaScriptのイベントモデルに思い至りました。JavaScriptのイベントはあるelementに対して何らかのイベントが起こるとまずDOMツリーのトップからトップダウンでCapturingフェーズが走り、そこから戻ってBubblingフェーズが走ります。「トップダウン」→「ボトムアップ」と順番は逆ですが、なんだか似ている!と思ってしまいました。きっとイベントのモデルも、1つのプロセスではうまく処理しきれない問題があって、これを解決するために往復するようになったんだろうなあ、なんて思いました。