読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記を書く

何人かの人に「日記を書いて」と言われました。ここの日記は最近ついついサボりがちになっています。
といっても、普段の活動はとても活発化していて、書く文章の量もすごく多くて、むしろそちらで大量にいろいろ書いているのでここで書くことが少なくなっている、という感じです。
だいたい毎日これくらいの返事や文章を書いています。

はてなアイデアの返事

  • http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenaidea/ ここで公開されていますが、毎日登録されるはてなアイデアで1000株に達したものはだいたい全部目を通して、よく意味が分からない場合は日記とかも読みに行って、方針を決定して、返事を書いています
  • 対応数ここでグラフになっていますが、だいたい毎日平均10件くらいはあるでしょうか
  • 最近はここで決定した事を社内で分担してどんどん処理していくし、処理できないもの、今すぐはやれそうもないアイデアについては、正直に「他・検討」や「却下」にさせてもらって、いつまでも要望中の状態を長続きさせて、アイデアを登録していただいたユーザーさんに「あれどうなったのかなー」と思われないように心がけています

新機能の告知

  • はてなの新機能のが出来上がって皆さんに公開するのは一番興奮する瞬間です。うまくいけばたくさんのユーザーさんに喜んでもらえますし、不具合があったり希望に沿う形でリリースできなかったりするとたくさんの批判を頂くこともあります。
  • 長時間かけて開発に取り組んでくれたエンジニアやデザイナに報いるためにも、なるべくたくさんの人に伝えられるように告知やプレスリリース、メールマガジンの配信などを分担して行っています
  • http://hatena.g.hatena.ne.jp/にそれぞれのサービスの告知日記が一覧になっていますが、大体毎日何らかの告知を行っています。最近はある程度重点サービスを絞ることで、新機能開発のスピードも上がっています。スターなどの新サービスもそうですが、人力やはてなダイアリーも、この半年くらいで結構変わって、実際にアクティブユーザーの比率なども上がってきています。

社内グループ

  • はてなグループhttp://g.hatena.ne.jp/を利用した社内グループには毎日頻繁に仕事の内容などを書いています。大体毎日10件以上のエントリーを書いている気がします
  • 社員は全員これを読んでいて、アメリカと日本で距離が離れている体制を克服し、効率的に仕事を回せるようになっています
  • 社員が全員日記を持って更新しているので、これに目を通して、必要な判断をして返事をするだけでも結構な時間がかかります。が、これのおかげでアメリカにいても大体社内の仕事のことは分かります。僕が分かるだけじゃなくて、他のメンバーも、他の日記などを見て回れば社内で何が動いているのかが分かるので便利です
  • メインのグループ以外に、プロジェクトごとに分かれたグループが5,6個あり、こちらも定期的に見て更新しています。最近の悩みは、さらにこれを効率的に読んだりするにはどうしたら良いかなあということで、いろいろ考えているうちに何か新しいグループのサービスを作ると良いかもしれない、なんて思い始めています

個人用メモ

  • 最近のお気に入りはこの個人用メモです。はてなダイアリーにプライベート日記をひとつ作り、思いついたことをここにどんどん書いています
  • これは最近始めたのですが、これまでメモはどこに書いていたんだ、というくらい書く内容があって驚いています
  • 以前は、何かを思いついたときにすぐにそれを相手に伝えるようにしていたのですが、そうすると相手もパンクしてしまったり、マイナスの指摘を必要以上に重く受け止めてしまうようなこともあって、一度手元のメモダイアリーに書き留めて、次回に直接話すときに伝える、というのをやったらこれが随分良くて、いろいろなことが少し上手に伝えられるようになった気がします。ちょっと伝えるまでの時間を我慢すると、良いことがあるようです
  • プライベートメモはそのほかにもTODOの管理や、カテゴリーを用いた文脈の管理(たとえば営業チームと話をするときに、前回どういう話をしたかをすぐに思い出せる)にも重宝しています
  • 思うのですが、ブログを書く場合にも、一度こういう下書きをする場所があって、基本的に下書きブログは誰からも見れられないのだけど、あ、これは、と思ったものだけ公開ブログに投稿する、とかいうフローになっていると良いかも知れませんね

メール

  • 実はメールでやり取りする量はあまり多くなくて、まじめに返事を書くのは1日100通未満です。(十分多いかもしれませんが・・・)
  • 最近の若い社員は、メールを送っても数日に1回しかメールをチェックしないので来ていることに気づかない、みたいな人もいてさすがに1日1回はメールみてくれよ、などと言ったりするのですが、相対的にメールの使用頻度は下がってきているような気がします

と、こんな感じでいろいろなことをやっているのでなかなか日記にまで手が回らなかったりしていたわけですが、あまり肩肘張らずにもう少し気軽に日記も書いていこうかなあ、と思います。