読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月6日


たいちが泊まりに来てから2日目。誰かが来たときに我が家の定番朝ごはんになりそうな勢いの手ごねクロワッサンを今日も作る。あれこれ面白い形を考えたりチーズを入れてみたりしたけど、割とオーソドックスな形に仕上げていたたいちのパンの方がおいしそうだった。でもチーズはなかなかいける。
これもまたうっちーの時と同じようにしなもんカーをMTBで引っ張ってもらって近くの公園で散歩。ちなみにうっちーとたいちはお互いよく知っている仲で、こちらで会えなかったのを残念がっていた。空港でもしかしてばったり会うかなあなんて話もしていたけど、数時間ずれていて会えなかったそうだ。
日が昇ってきてれいこんとたいちが買い物に行ったので部屋で仕事開始。先日から読んでいたProgramming Perlは途中からかなり飛ばしながらも読み終わった。結構日数がかかってしまった。しかし改めて読んでみると新しい発見もいくつかあって少しは意味があったように思う。Perlは色々「奥の手」みたいなのがあって、普段は殆ど使わないけどたまに変わった挙動をするモジュールとかが出てきて「なんだこれ」と思うとその「奥の手」をちゃっかり使っている、みたいなのに良く出くわす。そういう時に一通り頭に入っているとびっくりしなくてすむ、というのは精神衛生上は良いことのように思う。
読書の後は日本からの宿題だったサポートまわりのシステムを作り始める。サポートの仕組みなんて日本の方で作ってもらってあんたはなんか新しいもの作りなさいと言われそうだけど、新規に一つのサービスを作るのも久しぶりで少し小さめのものから作ると感覚が戻りそうだというのと、サポートの人たちと約束をしたのと、こういうユーザーと会社との接点周りのシステムは今だと僕の役目かなあという気持ちも少しあってこちらで作ろうと思っている。とりあえず8月にやっていた作業を思い出して、少し進めて今日は終わった。

さて、今日はれいこんの誕生日。何かプレゼントを買わないとと思い夕方からたいちと一緒に買い物へ。近くのスーパーでカードを買いつつ「何か面白いプレゼントないかなあ」とぶらぶらしていたら巨大なケーキが目に入ったので、ここはアメリカっぽく巨大ケーキを買って帰ろうという事になった。でかいケーキは上にメッセージが書けるようになっていたので、店員さんに「自分たちで書かせて欲しい」と頼んで、赤やら緑やらのデコレーションで Happy Birthday とか顔や自転車の絵を描き、ついでにこれまたアメリカっぽい誕生日風船も買って家に帰った。黒人の店員さんは僕らを見て笑っていた。
さすがに甘ったるくて食べられないようなケーキだといけないと思って、巨大ケーキを買う前に試食をさせてもらってまずまずまともな味だと確認したつもりだったんだけど、その巨大さに圧倒されて結局3人とも皿に盛った半分くらいしか食べられなかった。あと、ケーキの生地の部分が液体(洋酒?)に浸してあってべとべとしているのがちょっと難易度を上げている。うぇっぷ。アメリカ人はこんなケーキをペロッと平らげるのかと思うと、なにか圧倒的な差を感じざるを得ない。

今日のメルマガ