読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レーシックを受けて10日が経ちました

lasik

レーシック手術を受けて10日が経ち、1週間検診を受けてきました。手術後、少し目がぼやけたりとか、朝起きた時に軽い違和感を覚えることもありましたが、それもほとんどなくなってきて、経過は良好です。
視力を測ってもらったら、

右眼 2.0
左眼 1.2

でした。手術翌日で1.5まで見えていた右眼が、2.0まで見えて僕はどうしてしまったんだろうという感じです。ちょっと見えすぎで老眼になった時に困るんじゃないかとも思いますが、まあ今は近くのものを見るときも全く不便や疲れも感じないし良く見えて嬉しいという気持ちが強いです。
あと、右眼と左眼の視力差が少し出てしまっていますが、もともと左眼の方が悪い状態で過ごしてきたことが多いのと、効き目は右眼なのでそれほど違和感はありません。
吉野先生に眼を診てもらったら、フラップのふちの痕はほとんど見えないということでした(確かに自分で鏡を見てもほとんど何も分かりません)。ふちの組織が回復するせいで、白い円周状の痕が見える人もいるそうで、むしろそちらの方が組織の回復が早いのでフラップが元通りにくっつく力が強いらしいです。ということで、あまりまだしっかりフラップがくっついていないから、眼を掻いたりしないようにと言われて、これから花粉症で少し心配なので花粉症の目薬をもらいました。

今の僕の眼

レーシックを受けた、と言うと結構な人が僕の眼を覗き込んでくるので、あ、そうかみんな目がどうなっているか見たいんだなあ、と思い写真に撮ってみました。今の僕の左眼です。
f:id:jkondo:20060228075910j:image:w300
特に手術のあととかも見えません。
あと、全然関係ないですけど、前回の手術のエントリーで、手術中に握り締めていたうさぎちゃんに妙に反応があったので、受付の女性の方に「あのう、手術の時のうさぎをもう一度見たいんですけど」とまたおかしなお願いをしてうさぎに再会してきました。
f:id:jkondo:20060226120459j:image:w300
うさぎ、どうもありがとう。

手術の動画

さて、前回の手術音声の公開で色々反応を頂いていますが、吉野先生のご好意で自分の手術中の映像を頂いてきましたので公開してみます。

出血はありませんが、手術の映像という事で少しグロテスクですし、こういうのが苦手な人は見るのをお控え頂いた方が良いと思います。一方で、自分がLASIKを受けるかどうか迷っていたら見ておきたいと思っただろうし、多分そう思う人もかなりの数いると思いますので、下記URLに公開しました。

注意!:出血などはありませんが手術の動画なので、こういうのが苦手な人は見ないでください。
http://hatenastaff.g.hatena.ne.jp/jkondo/20060228

眼の表面に印をつけてフラップを削り、フラップをめくってレーザーを照射、フラップを元に戻して表面を綺麗にする、という一連の作業が見れます。

レーシック手術を振り返ってみて

ということで、多分僕のLASIK体験記はこれでおしまいだと思いますのでちょっと総括してみます。
手術を受けて良かったかどうか、と聞かれたら僕は良かったと答えます。
生活の中でコンタクトのつけはずしや色々わずらわしい作業から開放されたのは想像以上に快適です。今でも眠る時に「コンタクト取らなくちゃ」と思って「あ、もうしなくて良いんだ」とよく思います。
それから、仕事の日は毎日夕方くらいになるとコンタクトをつけた目が疲れていましたが、裸眼になってからそういうことがなくなって仕事に集中できるようになりました。LASIKを受けた後にドライアイになって目が疲れる、という方もいらっしゃるようですが、幸運にも僕の場合は改善されました。
自転車に乗ったりスケートをしたりシャワーを浴びたりする時は本当に快適になりました。いろんなサングラスとかかけてみたくもなります。
夜に光がぼやけて見えるグレア・ハロは、段々慣れてきて自転車での帰宅時にも特に危険などは感じません。日が経過するに従って段々ぼやけ具合も減ってきていてあまり気にならないレベルになってきています。
何よりも嬉しいのは、表情が変わった気がする、と人に言われることです。自分の本来の表情に戻れたんだな、と思います。
まだ手術を行って10日くらいですので、これから良くないことが起こるかもしれませんが、今の感想はこんな感じです。
もしレーシックを受けようか迷っている方がいたら、2件くらい病院に行ってみて検査してもらい、医者の意見を聞いてみるのも良いんじゃないかなあと思います。
執刀をしていただいた吉野先生と、「眼が見えなくなっても一生面倒見てやる」と言ってくれたid:reikonと、LASIK技術の進歩に貢献したすべての研究者・技術者の方に感謝します。