読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなへの住所登録の背景について

昨日開始しました、はてなへの住所登録のお願い、正しい情報登録のお願いについて、昨日は、SSL通信の徹底に一部不備があり、また、新プライバシーポリシーにも不備があるなど、はてな社内での準備に至らない点があり申し訳ございませんでした。

本日早朝より、個人情報の通信部分についてのSSL暗号化通信の固定化や、規約の補足などを順次進めております。
はてなへの住所登録の義務化撤回について
2004-11-02 - はてなダイアリー日記

今回の住所登録については社内でも長く検討を続けてきましたが、最終的に、ユーザーの皆様に住所や氏名などの正確な情報をお聞きして、その上で前に進みたいと考えました。

その背景には、住所登録の案内ページにもありますように、昨今増加している権利侵害などの問題も関係しています。現在はてなでは、はてな内の情報削除について「はてな情報削除ガイドライン」を設けています。

皆さんの日記の内容を含め、はてな内の情報について、名誉毀損やプライバシー侵害、著作権侵害等によって削除を求める場合には、このガイドラインに沿った申立をお願いしています。この際、第三者がはてな内の情報削除を求める場合、削除申立者には「どなたからの申立なのか」を把握するため住所や氏名の開示をお願いしています。

しかし、肝心の情報発信者の登録情報が仮名と思われる内容であったりした場合、そのユーザー様が実際にどなたかなのかが分からず、はてなとしては十分に情報発信者の権利を守ることができない場合があります。つまり、ユーザー登録に必要な情報と、削除申立を行うために必要な情報の不均衡がこれまで起きておりました。

こうした不均衡を解消するためには、

  1. 現状のままで、削除申立に必要な項目を少なくする
  2. ユーザー様に住所の登録もお願いする

の2つの選択肢を検討したわけですが、1.を選択した場合には、削除依頼者も情報発信者もどなたかが分からない、といった状況も考えられ、これは情報発信を可能とするサービス提供者として、責任を放棄する選択ですらあると考えました。

そこではてなでは、これまでよりもう少し正確にユーザーの皆様の情報を把握させて頂き、その上で様々なサービスをご利用頂きながら、問題が発生した場合などにも公平な議論が可能となる方向を選択しました。

今回、皆さんに正確な情報をご登録頂く事で、より安心してはてなをお使い頂けるよう、改善を行えると考えております。

皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

「キャンペーン」「プレゼント」

今回の住所登録のお願いについては、お知らせのメール内で「キャンペーン」「プレゼント」といった言葉を使ってご説明を行っておりますが、この点について、本来弊社からお伝えしたい「正確な情報をご登録いただきたい」というメッセージが正確に伝わらず、誤解を招くものであったと反省しております。
先ほど、はてなへの住所登録の義務化撤回についてページにて、若干の文言修正を行いました。
不適切な表現により誤解を招き、申し訳ございませんでした。